スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
その12 読み



リーチをかけた。


36p待ち


流局


ベタオリしてた上家が

「ほらーとめたよ」と3pを見せる


ああ、そう。





バシバシ突っ張ってきて、ケイテンで3p単騎

「ほらーとめたよ」と3pを見せられたら、ちょっと尊敬するけど(笑


そんなやつおらんわな!!


ベタオリしてる状況で相手の待ちなんか一切関係ございません。


「麻雀、相手の待ちを当てるゲームじゃないんだ。点数を集めるゲームなんだぜ」



勝つ為に待ち読みなんか必要ありません


いや、正しく言えば、読めない待ちを無理して考える必要はありません

そんなくだらない事(ベタオリ時に相手の待ちを読む)をしている暇があるなら

安全牌が切れたときに、どの順番で通すか、それを考える(答えが出ても、それが間違ってないか再度確認)べきだ

そっちの方がよほどミスが減り、成績が上がる


相手の待ちを読みきってノーテン、結局点数を払う

意味ねえ。


読みきったならそれ以外通してケイテンでも取りに行けよ?

読めてないから違う牌でも切れないんだろ?

100%振らない状況ならば、クソ鳴きでもなんでもしてケイテン取りに行く(もしくは和了に行く)方がいいじゃん

しかし、結局は和了れず、聴牌もできずに

自己満足の当たり牌を見せてノーテン罰符を払う

なんだそりゃ(笑)


いや別に良いけどね。

それじゃあ勝てないわな。




自分が相手と違う能力を持っているとすれば

それを充分に発揮して、非凡な成績を残せるはずだろう


誰にでもできる事(感覚ではなく、理論として全てを文章化できる)をやっている俺ですら、非凡な成績を残せるのに


非凡な実力を持っている人が何故成績は非凡なのか

例えば俺は相手のリーチの当たり牌などは読まない
(せいぜい切り順から多少ベタオリランクを入れ替える程度)

チートイっぽい捨て牌だからと言って、ベタオリ時に特に字牌を止めたりはしない



とりあえず誰にでも出来る事をミス無くやろうって事ですよ

それだけで充分に勝てるようになります

そう、多分、今の貴方よりも




(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)





スポンサーサイト
【2006/06/12 05:52】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<その13 読み2 | ホーム | 6/10>>
コメント
|ω・。)ベタオリ・・・・ガンガル
【2006/06/23 05:10】 URL | りぶ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://calmly2.blog14.fc2.com/tb.php/186-a392b1a2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。