スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
その9 役の使い方


役は打点を上げるために使うものではありません


ピンと来ない人居るかな?


麻雀の役は上がる為に使う物です

オーラス等で、特定の点数を満たす和了が絶対必要!

と言う状況で無い限りは役は無理に作らなくて良いです


役は和了る為に使う物です

面前で充分戦える手牌から、無理して三色等を狙う必要は無いって事です

逆に、面前ではどうしようも無いような時に

仕掛けてでも役を狙いに行くのです


打点を上げる方法は、ドラとリーチで充分

手を遅くして、せいぜい高め三色を作って満足してるような人居ませんか?




はっきりいって三色なんてオマケ役です


手役は上がる為に使う
打点を上げるのはリーチとドラ

これを徹底してください


せっかく打点を上げるために、手を遅くして手役を作ったのに
リーチしないで打点を上げない

結局は最速聴牌でリーチした時と同じような打点になっている


ダマで5200程度を誇らしげに和了る人はこういう間違った思考をしてます

初心者に勝てなくて困っている人は

自分では優秀な事をやっているつもりなのに

結局手を遅くして打点もイマイチなので

ゼンツしてくるような人に遅れを取って勝ちきれません

しかし、自分はうまくやってるつもりなので

ゼンツ麻雀では~とか 文句言います

手役狙い麻雀はゼンツ麻雀と戦略的に大差ありません

そこからもう一歩抜け出すには、打ち方を変更しましょう




(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)





スポンサーサイト
【2006/06/06 19:07】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
その8 一発消し
リーチがかかった時点で自分の手牌を確認

これはベタオリの可能性が大ならば、一発はどんどん消してください

現在は一発に祝儀を付けるのが普通で、そのチップ比率はかなり大きいです

どうせ降りるなら一発は消せ!!!ハイテイもずらせ!!!

ってことです

ただしチーで消したほうが良い。ポンは安全牌を二枚使うことになるので。

特に南家の一発を消した場合はハイテイも消えるのでお得です(仕掛けが無い場合)

逆に、西家の一発を消した場合は、ハイテイが回るので

余裕を見つつ終盤になって鳴きが無い場合はもう一回ずらしてあげましょう(笑)


たまにずらしてツモられた事を批判する人が居ますが・・

可哀想な人だと思ってください

そういう人は、一発をずらさずに一発ツモされた時

消せよ~とか言います。結局文句言いたいだけなので(笑)


(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)



【2006/06/06 18:45】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
その7 ダマテンへの反応
ダマテンへの対処はどうしてますか?


よく聞く質問です






答え





無視。




基本的にダマテンは分かりません

何が分からないって待ちも、打点もわかりません


相手が100%聴牌してると分かっても、それが1300の愚形だったら?


無意味なダマテンをしている人に対して、気を使う必要はありません

リーチかけてくれるまでどんどん行きましょう(笑)

たまに7700とか振ってむかつきますが

その手牌がたった一枚違うだけで2000点かもしれないし1000点かもしれません

お互いが探り合って結局聴牌できていた手牌をノーテンにして相殺

みたいな中級者(自称)が居ますが、可哀相な人と思って無視してください。






残り枚数20枚程度まではダマテンは一切無視して構いません

残り20枚になって、ケイテンすら取るのが困難な場合は

他家に合わせた牌を打ち出して支出を最悪ノーテン罰符のみにしましょう








【2006/06/06 18:37】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その6 ベタオリ


その5で書いたように、毎回聴牌勝負に持っていければ良いのですが

実際そうそう甘くありません

リーチがかかったときにまだ安手のリャンシャンテン・・

そんな状況は多々あります。


そんな時に支出を抑える方法は、ベタオリしかありません。

とりあえず中途半端に回るのはやめてください

安手のイーシャンテンなどで、スジ牌を切るような人が多い!
(1.9のスジならまだしも、3.7スジや下手すればワンチャンスまで押す)

そして振り込んだら「あーあ、クソ待ちに振っちまった、ついてない」

私はついてないとは思いません

クソ待ちであろうが、リャンメンであろうが、振込みは振込みです

少なくとも、安手のイーシャンテンぐらいで、スジ牌で振り込むことは

避けようがない振込み、ではありません

もっとベタオリしてください

すぐに回す人は、さほど振り込み率が低くありません

振込み率が低い人はきちんとベタオリしてます

ベタオリの方法はとつげき東北さんの

このあたりを参照してください

基本的にこの表に従ってベタオリすれば問題ないです

特に枚数の多い方から切る、他家のリーチも想定して
全員の安全牌を後に残す

この二つは重要です


中途半端に格好つけて、中途半端に回る人は

結局振り込み率を上げて、和了率を下げるという

一番格好の悪い事をしていると自覚してください

危険牌(28や37スジ等)を通しながら前に出ることは、回しているとは言いません


中途半端に押している、と言います


ベタオリしろベタオリを!





(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)
【2006/06/06 18:29】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
6/5
雀荘NETは妙に好調

これじゃあわざわざ裏メンのバイト行くのめんどくさくなるよなあ(*´ω`)


547$→803.8$



(*´ω`)
←応援のクリックはこちらから!(プログランキング)
【2006/06/06 14:46】 雀荘NET | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/5
7-6-10-5 -11000 場代8300円

全収支
25-30-30-27

-47100円 場代合計38500円

トータル売り上げ -8600円


(*´ω`)
←応援のクリックはこちらから!(プログランキング)

【2006/06/06 14:31】 ホーム雀荘収支 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その5 支出を防ぐ方法
点棒の支出を防ぐにはどうすればいいですか?








答.振らないようにする



と、答えた人、正解です!!!!おめでとう!!!!








ちょっとちょっと、満足した顔になってちゃ駄目よ

支出を防ぐ方法はそれだけじゃないですよ





A.自分が和了る事


こう考えれた人は優秀です


絶対振らない人と、絶対和了る人

どっちが強い人でしょうか


そんなもん、絶対和了る人だよね

絶対和了る=絶対振らない、なんだから



下の講座で少し触れましたが


自分の和了率が上昇すると相手の和了率が低下します
自分の和了率が低下すると、相手の和了率が上昇します

自分の和了率を低下させたせいで、結局は振込み率を上げてしまうような打牌をしている人が多々居ます←超重要


確かに、この一巡は現物が存在します。

でも次の順は?その次は?

安全牌が薄い状況で、聴牌を崩すことは

自分の和了率を低下させ、振込み率も上昇させてしまうのです←重要

振込み率(支出)を下げるためにゼンツ!!!

この考え方は非常に大事です。






前の講座にあったこの状況


re3s.jpg


ここで超危険牌を掴んだとします

打3s

結構安易に打っちゃう人が多いんじゃないでしょうか?

3sを切る事によって、自分の和了率は著しく低下します
それはつまり、相手の和了率が上昇している事でもあります

麻雀にはツモがあります
振らなくても支出は0にはなりません


振りさえしなければほぼトップ、みたいな状況ではない限り
ここから危険牌を掴んだとしても3sは切らないほうが良いです

この例で降りる人はかなりまれでしょうが

似たような状況で聴牌から降りてる人は多数居ます


聴牌から降りない


これ重要です

対親リーチ、愚形、安全牌豊富、等

かなり分が悪い、でも降りるのは楽みたいな状況で無い限りは

ほぼ聴牌ならゼンツしてください



1000点の愚形聴牌は降りるのに、面前固定のマンガンリャンシャンテンはゼンツする人

基本的に麻雀が間違っているので修正してください


聴牌なら突っ張る、非聴牌なら降りる

こんな簡単な事が出来てない人が多数居ます

聴牌から降りて、流局


ほらー掴んでたよーと、当り牌を自慢げに見せる貴方


いや、あんたそれ掴む前に自分があがってるやん(笑)

そりゃ流局まで行けば、一枚ぐらい掴むだろう

確かにクソ聴牌や安手でリーチに向かっていくのは勇気が入りますが

慣れれば気持ちよくなりますよ(*´ω`)



(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)







【2006/06/06 03:25】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
その4 どうでもいい事


麻雀、どうでも良い事があります


相手の事です。

相手がどう打つか、相手の力量

こんなものは何の足しにもなりません


ここの卓は上級者が多いからダマにしよう とか
ここの卓は初心者が多いからリーチしてみよう とか

自分ではうまいことやってるつもりかもしれませんが


残念ながら全然うまいことやってません


相手の力量によって、リーチするべき手をダマにしたり

ダマにするべき手をリーチしたりすると、結局は損します


強い人は配牌が良い

こんなアホな事を本気で思ってる人も居ます。


こんな人は、麻雀が他人中心なので

自分が負けている理由を相手のせいにしようとします

打ち方を批判したりね

「俺は強いんだ!でもあいつが変な打ち方するから勝てないんだ!」


相手が変な打ち方してくれれば(損な選択をすれば)自分の勝率は上がるはずなのに、何故勝率下がるのでしょうか・・?

それあんたがもっと損な選択してるだけじゃねえの?

って事ですよ

勝てない原因を他人に求める人は、麻雀うまくならないですよ

勝ったら実力、負けたら人のせい

そりゃ楽だろうけども!!それじゃうまくならんだろ!!!


人が下手な事したら、反面教師で自分もやらないようにする
人が上手な事したら、それを見本にして自分も上達する


これでええやん?

そんなクソの足しにもならない事(批判すること)に必死になるなって


いや、それが好きで好きでしょうがないならいいですけどね

この講座は、麻雀が強くなる為の講座ですので

そういう批判は何の足しにもならない、と断言しておきましょう。



(*´ω`)
←参考になった気がする方はこちらをクリック!!(プログランキング)














【2006/06/06 02:48】 麻雀講座 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。