スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
デヂタル雀士の薦め
流れなんか考えてる奴はカッコワルイ、俺はデジタル雀士だゼ!
なぁんて言ってる人が最近増えた。
客観的に見させてもらうと、かなり痛々しい奴で、そう言う事を押し出してる奴に限って大した腕ではない。
別にオカルト要素を持ってないから下手、と言うのではなくて、自分が謳っているデジタルの要素がなってない奴が多い。
オカルトもそう、中途半端に流れ理論を持ち出す奴ほど、成績はパッとしない。

結局はデジタル、オカルトは自分をうまく見せる為のステータスに過ぎず、そのステータスに拘っている奴ほど実際はレベルが低い


流れや曖昧な条件を考えず、局辺りの最も収支の良い打ち方をするのがデジタル雀士だそうで。
反してオカルト雀士は局辺りの最も良い打ち方を目指すが、前局の結果や試合の流れを自分で考え、打ち方を変える人の事を言うそうだ。

具体的にはどう言う時にオカルト雀士特有の打ち方が出るのだろうか?

と言うと、それは人それぞれである。
前局の当たり牌に執着したり、一度ツッパって当たったら次は行かなくなったり。他にもあるかもしれない。
オカルト雀士の答えは千差万別であって、同じオカルト雀士でも
「コイツ、何やってるんだろう」と言う打ち方もよくある事だろう。


私は例の通りに考えるとすれば、デジタル雀士だ。
でもデジタル雀士と言われて嬉しくもなければ、デジタル雀士と言われたくも無いし、オカルト雀士を批判するつもりもない。

そんなもんどっちでもいいやんけ(笑) 何対立してるん・・。
雑誌の特集(デジタルVSオカルト)とかやめろ!!



少なくとも私は、そんな曖昧なステータスなんか、要らない。



デジタル雀士にくたまに、応援のクリックを!←

今日だけ言わせてください(;ーωー)

スポンサーサイト
【2005/07/05 01:40】 私的麻雀 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。